ハイドロキノン

ハイドロキノン体験談

効果もありましたが若干副作用も感じました(20代/女性)

20代の女です。 私がハイドロキノンを使おうと思ったのは、脚のシミが気になったからです。 日頃から日焼けには気を付けており、顔も身体もかなり白いのですが、中でも中高とハイソックスで守ってきた脚はひとしおです。

 

しかし白いからこそ、膝にできた2センチ程のシミが目立ち、これをどうにかしたいと思い肌の漂白剤とも言われるハイドロキノンを使い始めました。
効果というか副作用というか、とにかく変化は使ってから2日目には現れました。 風呂上りの膝に少量塗り込んでいたのですが、肌が赤みを帯びてきたのです。 さらに3日目には、皮が薄く剥がれました。 痛みや刺激はなく、どちらかというと乾燥からくる「つっぱり感」のようなものは少し感じていたのですが、皮が剥がれたのはこれが初めてでした。

 

もしかしたら寝ている間に掻いたりしてしまっていたのかもしれません。 これだけならただの副作用ですが、剥がれた皮膚の下から出てきた真皮はシミがやや薄くなっているように見受けられたため、効果と副作用が同時に来たような印象です。

 

ぴりぴりとしたつっぱり感に慣れず、それからは風呂上りに、シミの部分だけにホホバオイルを塗り、その上からハイドロキノンを重ねる方法を取りました。 シミは「消える」とか「漂泊される」というよりかは、私の感触としては「抜ける」とか「剥がれる」といった表現が近いかなと思います。 範囲がごく部分的であったためか、2か月もすればシミは目立たなくなりました。 ぱっと見てもシミに目が行くということはないレベルです。 もう少し完璧に消えてくれてもいいのですが、今度は効きすぎて白く抜けてしまったら困るので、もう使用はここで止めています。

 

人にすすめられるかといったら、私としては一応おすすめです。 とにかく効果はあります。 だけど副作用もあるので、なかなか安易に「これいいよ〜」とは言えない面もあるので。 さらにとくに敏感肌や乾燥肌ということはなく、且つ顔より丈夫なはずの私の身体でも赤みや乾燥、皮が剥がれるといった現象が見られたので、本来の用途はそちらなのでしょうが顔に使うのはどうなのだろうという思いもあります。 少なくとも敏感肌の方が顔に使うのは慎重になった方がいいです。 効果の確実性が高い分、副作用やデメリットも他と比べると高確率で出てくるので、興味がある人にはよく検討してほしいです。

 

シミだらけの顔も綺麗になりました(20代/女性) 

私の顔には、10個以上のシミがあります。このシミが最初に出来たのは20歳前半の頃で、気づけば頬の端の方にちょこんとありました。大きさは2o位で色も薄茶色だったので、メイクで十分隠れる程度だったのです。横髪も隠せますので、そんなに気にも留めていませんでした。でもそれからどんどんシミは増えていって、目の下や頬の真ん中等の目立つ所に大きな濃いシミが出来るようになったのです。大きい物で3p位はあって、色も焦げ茶というより黒に近いものです。メイクでも隠せない、凄く目立つシミに悩んでハイドロキノンクリームを使う事にしたのです。

 

ただただシミを消したい、その一心で皮膚科へ行って処方してもらいました。使用して1ヶ月目までは変化はありませんでした。でも2ヶ月目、ちょっとだけシミが薄くなっている気がしました。それから3ヶ月目、以前より更に薄い色になっていました。元から薄かったシミは、そこにシミがある事が判らない程度にまで薄くなっていたのです。そして4ヶ月目、濃いシミが3トーン程薄くなっていました、メイクをしても目立たない程度でとても嬉しかったです。

 

私は敏感性乾燥肌で、かぶれないか心配でした。でもシミの部分にだけ塗っていたからか、かぶれたりする事はありませんでした。ニキビも出来ませんでしたし、赤く腫れる事もなかったです。肌が弱い私でも、使用方法を守っていれば副作用は出ませんでした。白斑が出る事もなかったです。

 

使用方法は、まず第一に「続けて使用する事」です。副作用が出たら中止しなければなりませんが、出ない限りは使い続けないと効果が出ません。続け過ぎても白斑が出る原因になるので、大体1年未満の使用がいいらしいです。

 

そしてクリームの使用期限を守る事も大切です。まずはパッチテストをして、それで異常が出なければ使用しましょう。塗る時は綿棒にクリームをつけて、シミの部分にだけ塗ります。そしてクリームを付けた後は紫外線に注意しましょう。紫外線に当たると余計にシミが濃くなります。長い期間がかかりますが、確実にシミが薄くなるので、是非シミに悩む人にはお勧めです。

 

 

市販のハイドロキノンを使った感想(30代/女性) 

アラサーになってきて若い頃に比べると段々と体力的にも美容面でも色々と気になる部分がたくさん出てきました。その中の美容面で一番気になっていたのはいつのまにか顔に出来ていたシミです。そんなに大きくはなかったのですが、出来始めの頃に比べると成長している気がしました。メイクで隠そうと思えば隠せる範囲ではあったのですが、年齢を重ねてからのメイクの厚塗りには抵抗があったので消えればいいなと思い、シミを消せる化粧品を探しました。

 

その時に色々な口コミやランキングの上位にあったのが、ハイドロキノンを高濃度配合したクリームでした。そもそもいろいろな美白化粧品に入っている成分であり、シミ消しといえばハイドロキノンといわれるくらいなので購入するのにはためらいはなかったです。
実際にネットで注文して届いたときはけっこうパッケージが小さかったので少ないなと思ったのですが、やはり高価なものなのだなと思いました。その日の夜から早速使い始めました。

 

使い方としては、そもそもハイドロキノンを使用したら紫外線を浴びてはいけないことから夜のスキンケアの最後に気になる部分に塗布するという方法でケアしていきました。

 

使用し始めてから即効でシミが消えたりなどはなかったですが、しばらくすると段々と薄くなった気がするという感じでした。薄いシミであればいいとは思いますが、濃いものであれば根気が必要だと感じました。

 

人によってはハイドロキノンを使用すると赤味がでたりするようですが、塗りすぎたりしなければ大丈夫だと思います。シミ消しや美白効果を目的で使用するのであれば一番の近道だとは思いますが、継続して使用することが一番大事でそれを踏まえるとやはり価格が高いと思いました。

 

ハイドロキノンには消費期限があるので、少量を長く使うということが出来ないのが大変だなと思いました。ですが、コストはかかりますが美白には一番だと思うので、使用したことのない人には一回でもお勧めしたいです。